火星とプレセペ

火星とプレセペ 昨夜も、いったん雲がわきましたが、深夜には快晴。
 もう、少々の雲におびえることなく“晴れる”という自信がついてきました。

 ただし、よいのは透明度“だけ?”
 火星像は、これほどふるえなくてもと思うくらいのバイブレーション状態。
 加えて、冷え込みもなかなか。気温は冬の盛りとほぼ同じなのですが、なんだかまとわりつくような冷え方で、短時間で手足が痛くなってきます。

 写真は火星のいる空。火星は再びプレセペ星団に近づいています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かすてん
2010年02月07日 14:13
>もう、少々の雲におびえることなく“晴れる”という自信がついてきました。
 春から秋には「もう、晴れる事はないのかもしれない」とまで自信を失ってしまうわれわれ関東人、冬場は人格から変わってしまってます。それにしても雪の上を流れて来た様な冷たい風の日が多いですね。
やぬし
2010年02月07日 22:48
かすてんさん、こんばんは
そんなこと言ったら曇っちゃいましたねー。
なんだかこのごろ話が筒抜けみたいです。

この記事へのトラックバック