月齢1.1の月と水星

 明るくなっている水星と細い月のコラボをダメもとで狙ってみました。
 ホントは空気が澄んでいれば、左下に富士山、右下に木星も見えるはずでしたが、ちょっと残念。

DSC01069.JPG

DSC01059.JPG

火星接近

最近は、自分のブログを見ることすら忘れるようになった。困った!!

と言うことで久しぶりに更新。
火星の再接近間近と言うことで、明け方前とかでも起きて撮影している。
仲間から「スタックは簡単だよ」って言われるけど、それはそちらにお任せして、自分は動画で、リアルに自分が見た火星の姿をお見せしたいと思う。

ネオワイズ彗星 (C/2020 F3)を見る

騒がれて久しいネオワイズ彗星。梅雨真っ最中の関東地方にもようやく見れるチャンスがやってきました。何とか双眼鏡で見れる明るさで・・・。
前景が電柱と電線だらけなのは、家内が同行したので安全な場所にと妥協したため。

標準レンズ(50ミリ相当)
_1280359.JPG

300mmレンズ
DSC00455.JPG

アトラス彗星五里霧中

 ハッブル宇宙望遠鏡でとらえた核が分裂してばらばらになった姿がネットに流れていますが、我が家からも写真的に、ですがようやくとらえることができました。
 実際、上弦前後の月明かりと春霞に邪魔されてか、予報位置と思しき場所を撮影はしたものの、カメラのモニター画像はもちろん、パソコンの生画像からもまったく見つけることができません。それをコンポジットしてコントラストを思いっきりあげたらボンヤリその姿が現れたという次第。

 写真は右が北。

200501アトラス彗星.JPG

崩壊を始めたアトラス彗星

大彗星になるかと期待され、天文雑誌などをにぎわせたアトラス彗星ですが、報道され始めた矢先「崩壊した」とのニュースが駆け巡りました。
早速、天候の回復を待って二晩ほど撮影してみましたが、うわさどおり明るい核がなくなって、ボンヤリと伸びた姿になっていました。

ところが、アトラス崩壊のニュースに続いて、今度は“スワン彗星 (C/2020 F8)”という新彗星が発見され、5月にはそこそこ明るくなるというニュースが入ってきました。
娑婆は新型コロナで不安に苛まれていますが、天文世界はそこそこ忙しい日が続いています。

200414アトラス彗星.JPG

200414アトラス彗星(拡大).JPG

アトラス彗星

 話題のアトラス彗星。早朝のイベント対応で休んでいましたが、久しぶりに撮影してみました。
 なんだか、思ったより暗くなった気がするのは気のせい?


IMGL9641x16bs.JPGIMGL9641x16bs.JPG