夜中に晴れる+月が出ると晴れる=ホームズ彗星(26)

420ミリ 題名のとおり、このところ夜半近くなると雲が切れて星が見え出し、月が出てくると透明度が増す、というパターンが続いている気がします。

 昨夜もそんな感じで、ホームズ彗星を月が出てくる前に撮ってしまおうと思い、靄がかかっているような空の下で撮影を終えたのですが、月が出てきたらスッキリした空に変わり、ホームズもハッキリ見えるようになっておりました。
 
1250ミリ
 上の写真は1250ミリ直焦点。先月前半の2500ミリ相当の画像と見分けがつかないくらい大きくなっています。

 下は420ミリ。細長い砲弾型がハッキリしてきて彗星らしく(?)写っています。
 肉眼では近くのペルセウス座の二重星団より明るく大きさも互角、といった見え方だと思いました。

火星 時間に余裕がありますので、土星ともうじき最接近を迎える火星も撮影してみました。(土星は一昨日の撮影です)5年前の土星
土星
 最新の画像処理ソフトを使えば、小さな口径でも天文台で撮ったような写真に仕上がるようになっています。が、パソコンオンチの私にはちょっと無理。お恥ずかしながら相変わらず時代に取り残された“ふつう”の写真でお眼汚ししています。
 土星もすっかり輪が細くなって、数年前は“ブタの鼻”だったのが、今では“串刺し団子”みたいになっています。(すごい土星の写真はよそでご覧になって、ここではこんな形ってくらいにみてくださいね。ちっちゃい写真は5年前の土星)

NGC1245星団 (オマケ)
 一昨日の夜420ミリで撮影したホームズ彗星の写真の隅に小さな星団が写っていたのが気になって、25センチで撮影してみました。
 細かな暗い星ばかりで構成された地味な星団ですが、周囲にちょっと大粒の星や数珠のように並んだ星の連なりが見えて印象に残る星団だと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも
2007年12月02日 20:22
こんばんわ、ももで~す。
火星がダントツにいいですね~。
自然な感じで、解像もいいし。
色も火星らしい~。

ホームズ傍にあった星団、私も気付いていましたが
撮影までは・・・さすがやぬしさま~。
なかなか繊細な感じの星団。
やぬし
2007年12月02日 22:01
ももさん、こんばんは
ももさんにほめてもらうとイッチョ前になった気分になってしまいます。
ももさんご指摘のホームズの鈍器で殴られたような頭蓋骨陥没の痕が、私の写真でも写っていました。
星団はNGC1245って言うのみたいです。400ミリでちょっと面白い写り方をしていたので撮ってみました。

この記事へのトラックバック