星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 板垣さん発見の新星らしき天体の5日前画像

<<   作成日時 : 2009/11/27 23:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 12

板垣さんの新星 超新星発見の記録更新中の板垣さんがエリダヌス座に新星らしい天体を発見されました。

 そのおよそ5日前の19日の夜、極大予想日に曇られたまったくだめだったしし座流星群のおこぼれを期待して、オリオン座の近くを21ミリレンズで撮影しておりました。

 今夜その情報を聞いて、もしやと思って探したらかなりしっかり写っておりました。
 前日、前々日としし座流星群を目的に、全国でかなりの人がこの空域を撮影していたことでしょうから、かなりたくさんの写真が撮れているのではないでしょうか? 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
発見前のエリダヌス座新星
北斗さんやかすてんさんのブログで、11月25日に板垣公一氏が発見したエリダヌス座新星の画像をネタにしてたので、まねして(^^; オリオン座のリゲルの近くなので探してみた。 まあ、しし座群が晴れてればあったろうけどと思いつつ・・・・。 ...続きを見る
鹿角平天文台通信
2009/11/28 20:33
エリダヌス座新星
11月25日に板垣公一氏が発見したエリダヌス座新星って、リゲルのこんなに近くだったのね。昨夜は霧が酷かったけど快晴だったので見ようと思え&... ...続きを見る
霞ヶ浦天体観測隊
2009/11/28 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、ももで〜す。
デジカメが普及してからは、膨大な画像が蓄積されているのでしょうね。
どこかにアップすると、即座に新天体の検出してくれるサイトとかがあるといいかも?
もも
2009/11/27 23:13
ももさん、こんばんは
ももさんとこで情報をいただいてアップしました。
新天体検出サイト、案外サービスとして成り立つかも?料金に応じて命名権の割合を決めといたりしてね。
やぬし
2009/11/28 00:20
星の話とは関係ないのですが、この記事の青い字の部分がどのように見えるか、やぬしさん他みなさんにお聞きしたいのです。
というのは、私には青い字が白い文字よりも手前に3Dのように浮き上がって見えています。片目で見ればもちろん浮き上がりません。
これって私の目に特有なのか、みなさんにもそう見えているのか、どちらなんでしょうか。因みに私は横方向への乱視がありますので、そのせいもあるのかな。
かすてん
2009/11/28 10:43
こんばんわ、ももで〜す。
>かすてんさん
ワタシにはとくにそのようには見えておりませんです。
もも
2009/11/28 18:39
かすてんさん、こんばんは
ももさん、ナイスホロー、ありがとうございます。
普通、明るい色(暖色系)は飛び出し、暗い色(寒色系)は沈むように感じるというのが目の錯覚として起こるといわれています。これを使って地図なども段彩表現していますよね。
ただ、これはあくまで錯覚現象ですから、人によっては感じ方が反対になっても不思議はないと思いますよ。
やぬし
2009/11/28 21:44
地図の山がくぼんで見えることは無いのですが、この青は強烈に飛び出して見えます。だから、やぬしさんのホームページを見ていると浮遊感を感じてトリップできそうなくらいなんですよ。

私のエリダヌス座新星の記事で、ももさん、やぬしさん、やまのんさんの記事を紹介させていただきました。やぬしさんのこの記事へはTBさせていただきました。
かすてん
2009/11/28 21:53
かすてんさん、こんばんは
そうですかぁ。
私は逆に強烈に沈んで見えて、上下の白い文字が離れたところのより盛り上がっているようにさえ見えますね。この青の彩度の強さが原因になっているのかもしれませんね。
やぬし
2009/11/29 00:29
おはようございます、ももで〜す。
なるほど、地図の彩色にもちゃんと理屈があったのですね〜
それと、今回のかすてんさんの錯覚?はまた違う原因なのだと思います〜
かすてんさん独自の目の収差とか感色特性、視軸、経験則なども関係してくるのかな?と思います。
もも
2009/11/29 09:44
ももさん、おはようございます
私も時々“思い込み”という方法で、立体感を逆に認識することをやる時があります。たとえば影はこっち側にできるって自分に暗示をかけると、今まで凸だったものが凹面になる…。フーコーの画像なんかだとよく体験されるのでは?
やぬし
2009/11/29 10:29
こんばんわ、ももで〜す。
フーコーの影はまだ十数回くらいしか見てないので・・・
でも、人間の目は(処理する脳も)案外、けっこう騙されているのかもしれませんね。というか、だからうまくいってるみたいな?
もも
2009/11/29 23:16
ももさん、おはようございます
ごめん!
遠近法が大体そうなように、錯覚や思い込みは生活の中に生きてますよね。時々悪さもしますけど。
やぬし
2009/12/01 06:53
あの青の部分、ももさんは平坦、やぬしさんは凹、わたしは凸に見えているんですか!
私の乱視も関係しているのかも。やぬしさんには乱視はないですか?それと、ももさんご指摘の感色特性ですが、子供の頃色弱と言われたことがあります。最近ネット上の色弱検査をしたときには正常でしたが。そんなことも関係しているのかもしれません。
ともかく、同じものを見ていながら三者三様とはこのことですね。
かすてん
2009/12/01 07:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
板垣さん発見の新星らしき天体の5日前画像 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる