アクセスカウンタ

星空寄り道散歩道

プロフィール

ブログ名
星空寄り道散歩道
ブログ紹介
子供の頃、河原で綺麗な色やかわった形をした石を捜しては、友達や先生やお母さんに見せたり、自分の宝物にしたり。誰にもそんな思い出があると思います。

ここでご紹介するのは、わたしが星空の河原で拾ったそんな石のような星たちです。

 星空寄り道散歩道 Homeはこちら・・・
zoom RSS

スーパームーンの屁理屈あれやこれや

2016/11/14 23:19
画像 今夜は68年前に匹敵する「スーパームーン」。でも、当地はあいにくの雨です。
 あちこちで喧伝されるセンセーショナルな発信に苦笑いしながら、何とかぎゃふんと言わせられる「たいしたことないよ〜」理論を展開すべくデータ探し。
 ところが12日、暗くなり始めた夕空に浮かんだ月齢12.8の月を見て「で、でかい!」。持ちつきウサギの模様もとてもハッキリ見えます。14日よりまだ500キロほど遠い360000キロなのにです。

 いろいろ理由を考えてたどり着いたのが「双眼」理論。
 双眼鏡は、わずか数倍と言う低倍率なのにとてもハッキリとものを見ることができる、あれ。
 老眼鏡眼鏡をかけたとたん、物がとても大きくはっきり見えた経験をもつ人も多いかも。
 
 「双眼視」はほんの数%の違いを、何倍にも拡大して見せてくれる二つ眼の動物に与えられた「神業」かもしれません。
 
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


またまた空のウインク

2016/11/04 07:32
画像 先日に続いて?昨日も「空のウインク」が出現。
 珍しいのか、いつでも起こるのか、あまりシミュレーションすることもない「現象」。口元に当たる星は土星。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寅さん「星になる」

2016/10/22 21:12
画像 とあるグループの企画した「葛飾柴又寅さんを訪ねる」日帰りバスツアーに参加してきました。
 星とは無縁のプチ旅行かと思いきや、犬も歩けばなんとやら。「寅さん記念館」の展示にこんなものが置いてありました。
 さすが!われらが寅さん!。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


滝根町スターライトフェスティバル

2016/10/10 21:00
画像 今年も10月8日から10日まで開催された「滝根町スターライトフェスティバル」に参加してきました。と言っても事情があって初日の8日だけ顔を出して帰ってきてしまいました。
 お昼前に土浦北インターに乗った直後から視界が不安になるほどの土砂降りとなり、そのまま日立中央インターまで降り続くという異常ぶり。ところが現地に着いたら「ずっと弱い雨が降っているけど、そんな降り方はしてなかった」とのこと。大雨は私の上だけだったようです。
 天気予報は翌9日の夜から晴れると言っていましたので、まったく期待せず掘り出し物がないかどうかのチェックと、顔なじみの仲間に挨拶したら帰るつもりでした。 
画像 ところが、なんと9時過ぎあたりからベガとデネブが見え始め、ほんのわずかとはいえ星見を楽しむことができました。
 ゲストの渡部 潤一先生が連れてきたという超雨男を駆逐するほどの晴れ男(女)が会場にやってきたと言うことでしょう。

 写真は関西で売出し中のオオザカレンヂkeisukeさんのステージ。昨今は星好きの芸能人も顕在化しつつあります。
もう一枚は帰りがけに撮った星野です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


亜「夜空のウインク」

2016/10/10 20:29
画像 10月6日宵の口、南西の空で月と土星が接近していました。
 土星ではなくもっと明るい木星や金星だったら。あるいは月がもう1日か2日細かったら、誰もが納得してくれるようなもうちょっと分かりやすい「夜空のウインク」が見られたことでしょう。
 そして、もう少し南の空では火星がいて座の南斗六星のひとつλ星と、これまた大接近。なにやらヒソヒソ話をしておりました。(こちらの写真はなし。)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どこかで見たような・・・。

2016/09/23 09:52
画像 北海道は札幌市内に住んでいる友人(というより”恩人”)が、「庭で採れたから」と言って今年もジャガイモを送ってくれました。

 そのうちのひとつ。どこかで見たような・・・と思ったら。

画像
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


余裕の観望会で学んだ事

2016/08/08 19:30
画像 8月5日
 市内の公民館主催の観望会。
 こちらの観望会では、ここ三年連続で晴れ。開催の判断に迷った記憶もないくらい文句なしの天気に恵まれている。


画像 会場は「庭」の相当する芝生。写真のように夕陽が沈むのも見えれば、筑波山もちょうど良い大きさに見えるなかなかのシチュエーション。



画像





画像 参加者はたったの20数名。募集に対する応募数が規定に満たないと講座そのものがボツにされるという恐ろしい内規のため、安全を取って思いっきり募集を少なくした結果、応募者自体も少なくなってしまった様子。

 ところで、皆さんなにをされていると思います?。
 スマホで土星の撮影会なんですよ。人数が少ないので時間がたっぷり。前の人がなかなかうまく撮影できなくても「もう一回チャレンジしましょう」と、後の人が励ましてくれるという余裕っぷり。そして、うまく撮るコツは「動画で撮る」ことだとみんなで学習しました。一瞬でも写野に入れば、静止画像が取り出せますからね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる