テーマ:筑波山

筑波山

昨夜は今年二度目の積もるような雪が降りました。  記録的な寒波にすっぽり包まれている日本列島ですから、ここ関東といえども雪くらい降ってもおかしくはありません。  野暮用ができて八郷盆地に出かけました。  写真は通りがかりで見えた筑波山。  石岡市側、つまり東から西に見る筑波山は、綺麗な三角錘になっていかにも屹立していると言っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

筑波冠雪

 またしてもお久しぶりです。  ほとんど、望遠鏡に触りもしない日々を過ごしています。  そんな毎日を過ごしていると、なんだか毎日よく晴れるような気がします。  先週だったか、夕方の西の空にもう金星が見え始めていることに気がつきました。  それも、結構高く…。  駄目ですねぇ…、ちょっと仕事が忙しいくらいでこんなになってしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪のリベンジ

 一昨日の雪を“中途半端”だなんて言ってごめんなさい。  おかげで、しっかり雪景色を堪能させてもらいました。  昨夜の雪は、そんな感じでびっくりさせられました。雲っているとは思っていましたが、家の者に「雪が積もってるよ」と言われても「まさか」なんて思わず言ってしまったほど。  上の写真は雪をかぶった梅の花の向こうに有明の月が浮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

 昨夜は関東平野は雪。  朝起きたら一面の銀世界。ってことを夢見て早く寝たのですが、明け方目が覚めたら月が煌々と照っていました。  肝心の雪はといえば、雪化粧を途中でやめたようなまばらな積もり方。  雪が積もったら休んでしまおう、なんて思っていた目論見は見事に外れました。  ニュースでは各地で何十人という人が滑ってけがをして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東海、近畿が梅雨明け?

 今日、近畿、東海の梅雨が明けたというニュース。九州ではまた大雨の予報というのですから、なんだか世論に押されて無理やり梅雨明け宣言を出したみたいな勘ぐりもしたくなります。  私より一回りも年上の退職して久しい先輩が、山で遭難したというニュース。  山が好きで好きで仕方がない人でしたから、まあ、山で死ねて本望ということになるのかも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏雲の空

 梅雨の中休み(また)、外に出ると日差しは夏そのもの。  男の私でも、日傘が欲しくなるくらいの晴れ方でした。  夕方の帰宅途中、空には夏の後半を思わせる高層雲と遠くには入道雲。  少しは晴れると思って、観測小屋の屋根を開けて放熱をしましたが、暗くなるにつれて皆曇  全くのぞみがなくなって、すごすごと屋根を閉めました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

もう六月!

 「暑い」と感じるような一日。さすがに6月です。  でも、早いですねー。ついこの間紅白歌合戦聞いたばかりのような…。  土日、庭の草刈りをしなければと思っていたら、電話が鳴って親戚のおばあちゃんが亡くなった知らせ。  まあ、草どもは刈られずにすんだと一安心していることでしょう。  写真は、帰り道で撮った筑波山と夏を思わせ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なんだか晴れた

 今日は月と水星の間にスバルが入る日。  夕方すっかり曇ったので一安心?というのも夜は私が主催者になる会議が入っていたので、不謹慎ながら正直な気持ち。  ところが、会議が終わって外を見たら雲が多いながら、何とか晴れていました。  もう30分早ければというところで、彗星は無理。雲のおかげで月のすぐ下にいるはずのスバルも写ってくれませ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雨上がり

 昨夜の強い雨も、いつか上がって朝はまぶしいくらいの晴れ。  起きだしたら寝巻のままカメラをひっつかんで長靴をはいて庭に出ました。  若葉や春の花に水玉が光って、それは綺麗なものでした。  上の写真はドウダンツツジ「満天星」の若葉と水玉。マクロ・プラナーというレンズは、全く色の調節をしないでもこうしてアップできる大したレンズで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筑波冠雪と桜の開花

 昨夜は久しぶりに星見に夢中になり夜更かしをしてしまいました。おかげで今日はリポビタンDを飲んで眠気を払いながら仕事をしていました。  昨日の夜半からの強い雨と風は、関東平野の孤高筑波山にちょっとした置き土産をおいてゆきました。  写真は、その白く雪化粧した筑波山。  これは春の風物詩のようなもので、毎年この時期一度か二度は必…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

荒れ模様

 朝からどんより肌寒い陽気。  夜には雨と一緒に雷も鳴りだしました。  雷が季節を分ける、というのが私の経験則。  これで完全に冬が終わって春本番となったということでしょう。と、思いたい。  写真は今朝の筑波山(を覆う雲)。いかにも荒れ模様を予感させます。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

よく曇りますね~

 “星屋殺すに刃物はいらぬ、曇り十日も続きゃいい、ヨイヨイ…”。  なんて歌いたくなってしまうくらい、毎日よく曇りますよね。  その日の星の写真で自転車操業しているような当ブログはたちまちネタ切れになってしまいます。  今日はネットのニュースで見つけた「日食が見れなくなる」というショッキングな話題でお茶を濁すことにします。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

筑波山周辺観光案内?

 午前中、灯油やガソリンを買うついでに、久しぶりに筑波山周辺を眺めてきました。  万葉に歌われた関東の名峰筑波山は、標高はわずか877メートルの山ですが、もう中腹まで紅葉は終わり。裾野の人里近くのナラやクヌギが今の盛りです。  地元の人間の良く目ですが、紅葉の染まる山ももちろんきれいですが、筑波山周辺のように、裾野にたたずむ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋月夜

 今夜は水戸に出かけてきました。  午後から雲が薄くなって、水戸から帰ってくる10時過ぎにはほとんど快晴となりました。  写真は、水戸や美スター天文台の行き帰り必ず通る石岡市の恋瀬川(こいせがわ)の近くからの筑波山です。満月直後の月に照らされて、こと座が見えなければ昼の写真のようです。  次は同じ場所から撮った龍神山という標高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコン復活

 パソコンがまた立ち上がらなくなってしまいました。  いろいろ調べてみたら、ルーターの電気が点いていません。どうも壊れてしまったみたいなので家人に新しいものを買ってきてもらいセットしなおしました。  でも、これが原因で立ち上がらなかったというのも、なんだか信じられません。  まあ、動くうちは我慢して使っていることにして、リカバリと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

つくばこどう(筑波古道)

 今日は昔の人が筑波詣でに通った古道を散策したいと東京からみえたお客様のご案内。  皆さんの半分以上がたぶん後期高齢者、悠々自適にお暮らしの様子。  ひょんなことで知り合ったご縁から、今日に至った次第ですが(結婚式みたいな言い回し)、たまにはこういうのも楽しくていいです。  それにしても、さすがは人生の大先輩。天気予報の雨の予測を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエルが鳴きだした

 残業を終えて表に出たら、まわりの田んぼからカエルの大合唱が聞こえてきました。  自宅のまわりの田んぼはみんな休耕田になってしまって、こちらに引っ越してきたころは五月蝿かったカエルの合唱も、聞かず仕舞いになる年も多くなってました。  先ほどまで、かろうじて見えていたレグルスと土星も、今はすっかり雲の中。  写真は、2005…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風かい?

 いやはや物凄い大荒れの天気!。台風並みの強い風と雨がかなり長い時間続きました。  昼休み、どうしても郵便局に行かなければならず車で出たものの、普通車タイプの車にもかかわらず、しばしば風でハンドルがとられました。  夜、雨はやみましたがまだ曇り空が続いています。このまま降ったりやんだりの天気が当分続くとの予報。これって“菜種梅雨…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

とうぶん曇りかなぁ~

 上の写真は、家路に急ぐ途中、田んぼの中で見た筑波山にかかる傘雲。(街灯が点灯している事からもお分かりになるとおり、かなり暗くなった時間です)  この傘雲が示すとおり、天気は下り坂。しばらくは晴れることもなさそうです。  下の写真は、今朝公園で出会った散歩中のアヒルだかアイガモだかそれとも別の種類なのか、とにかく少々でかいカモ系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田植えの季節

 今日は日中は霞ヶ関で仕事。夜は水戸に出かけるという移動範囲の広い一日でした。  写真は、水戸からの帰り道、月に照らされた田植えを前に水が張られた田んぼの景色を撮影しましたのでご紹介です。  上の写真は中央に小犬座、右に双子座が写っています。双子座の下には遠く筑波山が見え、筑波山には笠雲がかかっているようです。この分だと天気…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more