テーマ:

月と金星の接近

 正月早々のイベント。普通に考えていましたが、かなり感動的!。思わず寝ている家内を起こして見せてしまいました。  ただ、金星や木星の形状をとろうとしたのですが、ピントもおぼつかないくらいのものすごいシンチレーション。全くモノになりそうな画像が撮れませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面に浮かぶ輪っか?

 少し寒さが緩んだので、やっと星見をしようという気になりました。  久しぶりに45センチのホコリをはらって月をのぞきこむと、プラトーの北の縁辺暗部に綺麗な輪っかが浮かんでいました。近くに点々もあって「ö」という感じ。「月面なんチャラ」が話題になっている昨今、これも何かオモシロい呼び名がついているに違いありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸運の皆既月食

 1月31日の皆既月食は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」。まあ、星屋に言わせるといろ文句はあるでしょうが、三つのイベントが重なった特別な月の夜と言っていいかと思います。  皆既中の月のそばにはM44プレセペ星団も並んで、これなんかもイベントに加えたいですよね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つづき(筑波山に懸かる月)

 スーパームーンとなった昨日(1月2日=既報)と今日(3日)も撮影に挑戦。  2日は沈むのが早すぎ、3日は遅すぎました。強調処理のためザラザラに・・・。  日の出時間とのタイミングなど、見えてさえいれば確実に写る太陽が特定の場所に懸かる「ダイヤモンド〇〇」の撮影に比べはるかに難易度が高いといえます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年後半からしていること

 2017年も終わり、2018年になりました。  皆さん明けましておめでとうございます。  当ブログも、しばらく更新しないまま半年近く経過してしまいました。  「死んじゃったの?」と思う人もおられると思いますが、死んでません。  実は「筑波山に沈む(満月近くの)月」というのをテーマに、ほかの活動を休業してうろついておりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と火星の接近

 新年三連荘の天体イベント。撮影準備に取り掛かろうとしたら雲がもくもく・・・。  さすがに去年までの天気を考えたら、3回連続の成功は出来過ぎ!と、半ばあきらめたらでっかい雲がいつの間にかどこかに消えていました。最初の撮影コマの時間が16:22分。最接近の2分前でした。(写真1)  連続写真は空が黒く撮れ始めてからのもの。  終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年明け早々から忙しいったら・・・

 元旦早々の火星と海王星の超接近に続いて、昨夜(2日)は金星と月のランデブー。そして今夜(3日)は火星と月のランデブーと、ほこりをかぶって寝ていた機材たちが突然たたきおこされて、寒空の下に放り出された感じ。  それにしても、三日月と金星のコラボでは、天文に興味のない方々でも注目されないはずがありません。  とりあえず金星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けましておめでとうございます!!

 休日の多い生活にかわったせいか、あまりめでたさ感のない新年を迎えています。  それでも、毎年の恒例だからと初日の出の撮影に出かけました。  あいにく地平に雲があって、初日の出はその雲からの登場となりましたが、それなりに楽しみました。 最後のころ撮った一枚には、太陽に耳のようなこぶがふたつできていて、パンダかキティちゃんのようで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スーパームーンの屁理屈あれやこれや

 今夜は68年前に匹敵する「スーパームーン」。でも、当地はあいにくの雨です。  あちこちで喧伝されるセンセーショナルな発信に苦笑いしながら、何とかぎゃふんと言わせられる「たいしたことないよ~」理論を展開すべくデータ探し。  ところが12日、暗くなり始めた夕空に浮かんだ月齢12.8の月を見て「で、でかい!」。持ちつきウサギの模様もとて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またまた空のウインク

 先日に続いて?昨日も「空のウインク」が出現。  珍しいのか、いつでも起こるのか、あまりシミュレーションすることもない「現象」。口元に当たる星は土星。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜「夜空のウインク」

 10月6日宵の口、南西の空で月と土星が接近していました。  土星ではなくもっと明るい木星や金星だったら。あるいは月がもう1日か2日細かったら、誰もが納得してくれるようなもうちょっと分かりやすい「夜空のウインク」が見られたことでしょう。  そして、もう少し南の空では火星がいて座の南斗六星のひとつλ星と、これまた大接近。なにやらヒソヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金土のランデブー

 昨日(9日)は金星と土星の超接近の日。  実際の最接近は白昼のお昼過ぎ?その時間は用事があって挑戦できないので、早朝の新月前日の細い月を見ることとかねることにしました。  昇ってきた月齢28日のお月様との位置関係はこんな感じ。  この時間でも月の直径近くには接近している様子が見て取れます。  天文ソフトで見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後悔先に立たず

 今朝(8日)の月齢27.4の月。  昨日、土星と金星と月の接近という一大イベントがあったのですが、四時ごろ起きたらべた曇だったのを幸いにさっさと寝てしまいました。ところがそれから30分もしないうちに快晴に。ひまわりの画像をチェックしないで決め付けてしまった大失敗でした。  そこで、少しはリベンジになるかと今朝の細い月を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほっと!新年

 すっかり忘れてしまいそうになっているブログ。年も改まったので「生きてる証拠に」と久々のアップ。 何はともあれ、明けましておめでとうございます。  去年までの三年間、地区の役員として大晦日の夜から元日は地元の神社でお勤め。何もしなくて良い今年が不思議な感じさえしています。 年明けを知らせる夜の花火の音で外に出て…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ほんとうの「月見草」?

皆さんお暑うございます!  “ほんもの”のツキミソウ(月見草)というものが我が家にやってきて、ついに花が咲きました!!。  咲き始めが黄色やピンクのはマツヨイグサで、それを多くの日本人は「待宵草」「宵待草」「月見草」などと呼んできました。  でも、本当に「月見草」と名づけられているのは、白い色で咲き始めピンク色になって咲き終え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆既月蝕

 3年ぶりの皆既月食とかで報道はセンセーショナルな扱い。でも、来年も起こるんですよね。  なんとなく気が乗らない状態で参戦したら、「連続撮影」はいい所でわき出した雲とカメラの不調でほぼ失敗。  かろうじて、直焦撮影でポイント的に写真が撮れて、記録としては残せたという感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン

11日の満月(と言っても午前中海の向こうででしたが)は「スーパームーン」でした。  なんでも、その年最も地球に近い満月をNASAがこのように命名したのだとか。  ニュースが流れると早速天文雑誌にはちょっと批判めいた意見が載ったりしました。  でも、私的には、月に二回満月が起こる「ブルームーン」が単なる暦の巡り合わせなのに比べ、明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニヤ彗星と月・土星のランデブー

 今朝は、月が土星のそばを通るということで5時ごろ起き出して観測小屋へ。  田んぼに出かけてラブジョイ彗星を狙うのは、昨夜飲んだお酒が残っている気がしたのでやめました。  でも、まだ十分に空が暗く、ラブジョイ彗星は木の陰でしたが、リニヤ彗星は楽勝で見える位置に来ていたので25センチで撮影。300ミリよりずっと尾の様子が分かる画像が撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘違い。月齢15.0

 満月ぴったしの月を撮ってやろうと、18日、月齢15.0になるころを見計らって撮影。  でも、撮ってみると、じぇじぇじぇ…!  全然満月じゃあない。  普通なら、このあたりで気がつくはずですが、おバカな私はさらにステラナビゲータを起動。  シッカリシミュレートしてみて、やっと自分の、長年の思いこみ=勘違いにピリオドを打つことがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕空の月・金

 出かけての帰り道、細い月と金星を見つけました。  別に珍しい光景でもないのですが、このところ曇りの日が多くて、しみじみこんな光景にお目にかかれなくなっています。  今日(8日)は、月と金星がもっと近づくので、このアップはやめようかと躊躇したのですが、天気の保証がないので、とりあえずということでアップしました。  よく晴れてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっとアイソン彗星、それと“黒い虹“

 月一回の更新が平気になりました。  ようやくアイソン彗星のそれらしい姿をとらえることができました。  更新はさぼっていても、それなりに努力はしていたつもりで、半月以上前から狙ってはいたつもり。  ただ成果が出なかっただけ、って言い訳だけはさせていただきます。  夜半前にはイルカ座新星にも付き合わなくちゃあいけなかったし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

正しい満月

 月と地球と太陽が南北の同一平面上に並ぶのが正しい満月。直線状に並べば月食となる理屈です。  昨夜(22日。23日の朝がベターらしい)が、その日らしいので、晴れ間を待って写真を撮ってみました。  正しいかどうかの判別は、月の南か北方向の欠け具合。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おぼろ月

 諸事多忙。いささかくたびれておりました。  さて、今夜ははりきって月でも撮ってみようかと表に出たら、小雨が降った後いったん温まった空気がまた冷やされて霧が発生したのでしょうか、こんな空。  おぼろ月夜と言えば春の風物詩。もう少しあたたくなってからの風景でしょうから、昨夜のは夜霧と月のコラボということになりましょうか?。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三日月の不思議

 13日の夕方の空に、真横になった三日月が浮かんでいたので、それらしく写真に撮りました。  が、それを、よせばいいのに、あるところに投稿してしまったのがそもそもの間違いの始まりでした。  「冬の寒さの中で輝く三日月は、触ればケガをしてしまいそうな、鋭利な刃物のよう。それをやんわりと優しく見えるようにしてくれているのが地球照です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際宇宙ステーションの月面通過

 昨夜(29日)夜10時前、国際宇宙ステーションが月の前を通過するとのニュースが、星仲間のKさんからもたらされました。  天気も心配なさそうですし、時間もちょうどよい時間帯。こんな条件の良いチャンスはそうあるものではないでしょう。  5時ポンで帰宅し、望遠鏡の準備。  なにせ、今回はしばらく使っていない器械を、持ち出さなければ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満月だけどリニア彗星をゲット

 今夜は満月でしたが、だめもとでリニア彗星を狙いました。  とにかくどんどん暗くなり、しかも南下しているので日に日に見えにくくなるのは必至。月が明るくとも、撮れるものなら撮っておかないと後で後悔する羽目になります。  その写真が左。  ほぼ中央にあるのが彗星で、北東方向に薄く尾をたなびかせているように見えます。  このあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大雪の後

 成人の日祝日月曜日の予想外の大雪で関東地方はパニック状態。さらに明けて火曜日の朝ときたら、どこもかしこもスケートリンク状態!  なにせ、雨と雪を同量混ぜたカキ氷のようなものが、数センチの厚さで溜まってそのまま凍ってしまったのですからたまりません。  そんな雪の大騒ぎも何とか落ち着いた今日、きれいな5日の月が見えていたので、早々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けの空で月と土星が接近

 長い正月明けの月曜日の朝、月と土星が接近しました。  「だから何か?」といわれてしまえば、ただそれだけのことです。  それはそうと、やはり実質11日間も休んでいると、休み明けてしまうというガッカリ感よりも、「さあ、やるぞ!」と言う気持ちが出て来るから不思議です。  上の写真、左上の小さな点が土星。  ・・・で、土星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜見逃したプチイベントふたつ

 今朝6時ごろ目を覚まして外を見ると月のそばに明るい星がありました。  てっきりこれは土星であると思いこみ、望遠レンズでパチリ・・・。  しかし、実はこれはおとめ座のスピカ。  望遠鏡で見ればすぐ分ったことなのに、なぜかそれをしませんでした。  むしろ後悔したのは、あらかじめ知っていれば、夜中の3時ごろのいちばん接近した時に狙っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけおめ

 みなさま、あけおめ。ことよろ・・・。  なんて今年も使われているのかしら?  日本語が乱れるとか言って、若者言葉を目の敵にしているご仁も多いかと思いますが、わたし的には、ヘンな評論家とか政治家が使う英語風造語の方が、よっぽど格式ある日本語を見出しておられると思ったりしておりまして…テヘペロ…。もっと言えば、若者言葉は、江戸っ子の短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more