ジャコビニ・タットル・クレサーク彗星(41P)

画像 元旦過ぎから、明るくなる予報の彗星が次々に現れていますが、いずれもやや期待はずれ?
 41Pも、シミュレーションでは大きく表されていますが、実際のところフツウかも?ただし、昨夜(22日)は北斗七星の枡の底にある有名な観光スポットふくろう星雲とM108の間を通過するとあって、これは撮らないわけに行きませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック