明け方のラブジョイ、アイソン彗星

画像 冬型の天気が強まってきたせいか、よく晴れることが多くなった気がします。
 おかげで、ほぼ連続で4時前に起き出しての彗星撮影を繰り返しています。
 
 上の写真は、今朝(16日)のラブジョイ彗星。
 12月上旬をピークに、年明けの1月まで肉眼等級を維持するという大サービス。
 その名前のとおり「恋の歓喜」が持続します。
 25㎝でも10㎝でも、すじ状の尾が写ってくれますが、他の方が捉えているような屈曲した尾は、私の環境では無理なようです。

画像 こちらは話題のアイソン彗星。
 いつまでもパッとしない明るさで、ひょっとしたらこのまま不発で終わってしまうのではと思えるくらい変化が感じられません。
 ただ、このところ急に明るさを増しているとのニュースが届き、13日に撮影した画像と比較してみましたが、確かに大きくなってはいますが「急に」と言えるセンセーショナルな感じはしません。
 こちらは、そろそろ観測小屋からの撮影は無理になりますので、近くの田んぼに出かける体制を組まなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック