半月ぶり!非肉眼等級となったパンスターズ彗星

画像 このところの寒さと悪天候から、すっかり御無沙汰をしていたパンスターズ彗星ですが、今朝、ようやく撮影することができました。
 すでに6.6等と、肉眼彗星から陥落しておりますが、周極性となって、晴れてさえいれば一晩中見ることができるようになりました。
 さらに、時間さえ我慢すれば、自宅の観測小屋から撮影することができるようになり、長いこと積みっぱなしにしていた撮影機材をようやくおろすことができます。

 上の写真は300ミリ望遠による撮影。1分露光を2枚。




画像 下は25センチの直焦点撮影。30秒露光を6枚重ねました。

 非肉眼等級とはいえ、今だ大彗星の片鱗は残っており、写しがいのある姿が楽しめました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

かすてん
2013年04月22日 10:00
私も今朝久しぶりに撮りました。高度が上がっている為か光度はあまり下がっているように感じませんでしたが、もう6等を下回っていたのですね。
やぬし
2013年04月24日 07:21
かすてんさん、遅れてすみません
天気がどうも…ですねー
週末に天気が回復する、というパターンは、サラリーマンには好都合ともいえるんですが、そういうもんでもない…。

この記事へのトラックバック