月の出前にリニア彗星 -こまった・・・-

画像 年が明けて、月が出るまでに結構時間があることが分かり、リニア彗星を撮影してみることにしました。

 調べたら、大熊座はとっくに飛び出してやまねこ座を通り過ぎ、もうぎょしゃ座に入っていました。
 さっそく写真に撮ってみると、なんだかずいぶん大きくなったように感じます。
 眼視のイメージは、10センチ屈折でも存在が分かる程度。頼りない気がしま下から、観ると撮るとでずいぶん印象が変わる彗星です。

画像 画像処理をしてみると、ものすごく淡いのですが太くて長い尾が一方向に伸びていることが分かります。
 カラーでは分かりにくいかと、モノクロで思いっきりコントラストをつけたものを掲載します。画像はいちばん上と同じものです。

 ところが、135ミリで撮った写真(下の写真)を、シミュレーション画像と比べていて気がついたのですが、尾の伸びる方向が星図と正反対のようです。

画像 
画像
正月早々、恥はかきたくないのはやまやまですが、どう見比べてみても私には反対に見えてしまいます。どなたか正解をご教授願えるとありがたいのですが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みゃお
2013年01月02日 18:06
やぬしさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくです。いろいろな彗星が楽しみですね。

尾ですが、シミュレーションのほうはイオンテイルです。対して、写真に写っているのはダストテイルですね。このリニアは当初からイオンテイルが全く写らず、ダストリッチな彗星でした。ここ一週間ほどは尾が南から北東へ大きく湾曲するように見えています。続けて写すと面白いですよ。

この記事へのトラックバック