またまた久しぶりの鹿林彗星

鹿林彗星 星が出る時間まで岐阜県にいて、かろうじてその日のうちに帰宅しました(つまり午前零時前)。
 このところすっかり冬に舞い戻ったのは中部地方も同じ。こちらより寒さが厳しいくらいでした。
 帰りの電車に乗る頃はみぞれもぱらつく空模様で、星見をすることなぞ考えてもいませんでしたが、帰宅してみると真冬のような大快晴。冬と違うのはオリオンが傾いて隠れ始めていることくらい。

 あわててパソコンを起動し、天文シミュレーションで見てみたら、串田彗星も、ブロートン彗星も、そして注目の鹿林彗星も楽勝で見ることができることが分かりました。

 写真は、一番のお目当ての鹿林彗星。
 BORG500ミリの直焦点、2分露光3枚の重ねあわせです。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

もも
2009年02月19日 22:33
こんばんわ、ももで~す。
なんだかすごいスケジュールですね~。
地球とすれ違うルーリンみたい?
やぬし
2009年02月20日 01:06
ももさん、こんばんは
でも、ももさんほどではないと思いますよー。
って、さっき帰ってきたばっか。晴れなくて良かった…。

ルーリン、私のはももさんみたいなシャープなジェットは写りませんでした。Fと腕の差でしょうね。

この記事へのトラックバック