夕空の水・木・月・金

夕空の水木月金 例年より長めの年末年始の休暇を怠惰に過ごしているせいか少し風邪気味です。

 今日も夕空に並んだ3惑星と月の写真を撮りに出かけました。
 今日の場所は、近くの昔(鎌倉時代)城があった高台。透明度が良かったら筑波山まで登ろうかと思ったのですが、地上はかなりの高度までもやがかかっていたので近場で間に合わせました。

水星の位置 カメラを据えてもしばらく、水星だけはどこにあるのか分からず、やみくもにシャッターを押していました。
 暗くなり始めてやっと水星を確認したと思ったら、今度は濃いもやの中。
 一応どのコマにも写っていますが、分かりにくいという方のために2枚目の写真を付けました。

 一通り撮影を終えたあと、月の暗い部分がぼんやり見える地球照を400ミリ望遠で撮影してみました。
 10秒露光の固定撮影なので、月は流れてしまって鮮明ではありませんが、地球に照らしだされた模様がお分かり頂けると思います。

地球照 ところで、この地球照の模様、明るい時に見たものと形がちょっと違っているようです。

 このところ連続で、夕方水星、夜彗星、朝彗星という、“すい星”三昧の明け暮れ。
 このワンパターンも幸せと言えば幸せな毎日ではあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もも
2008年12月30日 21:19
こんばんわ、ももで~す。
地球照の模様・・・ほんとだ、何でだか違和感あるな~?
万年坊主@帯広
2008年12月31日 00:43
今日は餅つきだったのですが、
一日雪降りでした。昨日は雲に
邪魔されて水月木が撮れず、
今日も悪天候でダメでした~・・・。
やぬし
2008年12月31日 05:58
ももさん、おはようございます
でしょ?いつもより少し右を向いてるみたいなんですけど、理由はそれだけではなくて、隠れた海があるみたいですねー。

万年さん、おはようございます
北海道は帯広側でもだめですかぁ。
それにしても、皆さんさすがチャンスをモノにして、北海道ならではの風景を織り込んだ絵を撮っていますね。尊敬してしまいます。
今日は金星と月が並びますね。“月星”マークが見れるといいのですが。

この記事へのトラックバック