まじめに星見=ホームズ彗星(28)

50ミリ 本格的な冬というには、いまひとつ冷え込みが弱いと思っていたら、明日からまた少し寒くなるみたいです。
 今日のニュースでは、史上最速でインフルエンザが流行し始めたそうです。
 夜更かし、寒さ・・・と、危険因子を寄せ集めて暮らしているような星屋としては、十二分に気をつけて一冬を棒に振らないように心がけたいものです。

 連日の晴れで、撮影はしても処理が間に合いません。
 今日のは昨夜(3日)の写真です。50ミリF2.8、3分露光。ペルセウス座を行くホームズ彗星と二重星団がうまい具合に写ってくれます。
 それにしてもホームズ君はでかい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

万年坊主@帯広
2007年12月05日 23:38
私も先ほどこの構図で撮りました。
もちろんこんなに上手くは撮れま
せんが・・・。もう寒くて根性が
続きませんでした。何しろ飲もうと
思っていた缶コーヒーが凍りました。
やぬし
2007年12月06日 05:52
万年さん、おはようございます。
いったい北海道の人の“寒い”って何度くらいから言うんでしょう?缶コーヒーが凍る温度って?
聞きたいような聞きたくないような・・・。
万年坊主@帯広
2007年12月06日 12:00
昨夜はマイナス10度にはなって
いました。さらに風があると体感
温度がグッと下がります。
赤道儀の可動部がおかしくなって
くるんですよね。何か良い手はない
ものかと思いますが、こればっかりは
ダメですね。
やぬし
2007年12月07日 05:50
万年さん、おはようございます。
もう何十年も前になりますけど、天文ファンの南極越冬隊員のひとがあちらで天体写真に挑戦した記事がありました。
フィルムが切れる。電源コードが折れる。だいいち電源が・・・。といった想像できないほどの苦労があるとか。
北海道でも、どれかひとつくらい起こるのでは?
万年坊主@帯広
2007年12月07日 22:45
電源はいつも3つ用意しています。
カメラの予備バッテリーもそうですが、
赤道儀の電池も予備があります。
でないと、必ず途中で頓挫するんです。

しばらんさんの北見の星友達、どう
やって赤道儀の動きを確保しているの
でしょうか?
やぬし
2007年12月07日 23:12
北見の彼が天体写真を撮っていたかどうかはわかりません。学才派でいろんなこむつかしいことをやたら知っていることと、ミニモニの追っかけをしていましたが、あまりメカニックなことには興味がなかったみたいですね。
赤道儀、確かに“寒冷地仕様”にしないと厳しいかもしれませんね。グリスを換えるとか、ギヤの噛み合わせをゆるくするとか・・・。メーカーも(特に大型の)対応のマニュアルはあるのではないでしょうか?

この記事へのトラックバック