星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 八十八夜と上弦の月

<<   作成日時 : 2009/05/02 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

上弦の月 暖かい一日。
なんだか気力がわかなくて一日中ほとんど家から出ずに過ごしました。この連休中、何もせずに過ごせそうな唯一の日ということもあります。

 暦を見ると、今日は八十八夜。これは中国の暦にはない日本のオリジナルなのだそうです。
 また、今日は上弦。でも、夜の月はちょっぴりメタボ系に見えました。
 そういえば、先日ふらっと立ち寄ったページに「上弦の三日月」と書いたものがありました。
 もちろん星屋さんのページではないので、書き込みをする人たちも「ほー風流ですね」などとまったく構わない様子。確かに月齢2〜3日の月の方が弓のように見えますよね。
 言い得て妙、というところでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、ももで〜す。
確かに弓に張った弦はまっすぐになってますね。
(元弓道部〜)
新月〜満月前の月を差す、広義で使う「上弦」もあったような気がしますが、どうでしょうかしらん?
ま〜朝の三日月というのはさすがにおかしいですけど、三日月「形」という使い方と理解したりして〜
そんな感じで暖かく見守ればいいのでしょうけど、
突っ込みたくなる星屋の血(笑)
もも
2009/05/02 23:37
読みづらくてごめんなさい!!
もも
2009/05/02 23:57
ももさん、おはようございます
なるほどー。そういえば“弓を満月のように引き絞り〜“なんて言い方ありますもんね。(元弓道部員の凛々しい女の子に憧れていた劣等生)三日月だってそんなに目くじら立てない(厳密には立てようがない)ですしぃ。用語の定義の仕方が不合理だった例とも言えますね。
やぬし
2009/05/03 07:12
今日は私も月を撮ろうと思ったの
ですが、あいにくの曇天です。
今日は川に行って釣りボウズ、
鳥を探して鳥ボウズ、花を
撮影と思っても、まだ出ておらず
花ボウズ、月にも逃げられ
月ボウズも加わりました。
四つの趣味が全部ボウズの日でした。
万年坊主@帯広
2009/05/03 17:14
万年さん、こんにちは
なんですか、四つくらいのボウズで!万年坊主の名が泣きますよ!
はっ、万年ボウズも入れたら五ボウズ…。
な〜んて、笑っちゃうしかありませんよねーこんな時は。
やぬし
2009/05/03 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
八十八夜と上弦の月 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる