星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿林彗星をやっとゲット

<<   作成日時 : 2008/12/27 08:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

200ミリで鹿林彗星 強い冬型気圧配置のせいで今朝まで季節風が吹き続いていました。

 今朝は5時に起きて明るくなりつつある鹿林彗星を狙いました。
 鹿林彗星は“しかばやし”さんという人の名前ではなく、なんでも台湾の天文台の掃天で発見されたもので、その天文台の名前“Lulin(ルーリン)”だそうです。
 この彗星が今さそり座にいて7〜8等台、2月ごろにはしし座で5〜6等級になるという予想です。
 
500ミリで鹿林彗星 一枚目は200ミリ望遠での画像。
 2枚目が500ミリでの画像です。
 どちらも強い画像処理をしていて、ゴミやらザラザラ感やらでお見苦しいのですが、500ミリでは長く延びた感じで尾が伸び始めているように見えます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
皆様こんにちは

望遠鏡は予想外な事にクリスマスイブに届きました。
でもずっとお天気も悪く、遠くの電信柱を見てるだけだったのですが、
昨夜は金星が見えたので見てみました。

またまた恐縮ですが、ピントあわせは星が一番小さいところが合っているところなのでしょうか?
みんな視力もバラバラでメガネの子もいます。
あーだこーだしている間にまた雲に隠れてしまいましたが。。。(^^;)
かな
2008/12/27 09:31
かなさん、こんにちわ
年を越すと言われていたので、びっくりのクリスマスプレゼントですね!
ピントは慣れるとほとんど意識しなくなってしまうのですが、望遠鏡の結んだ星の像というのを初めて見る人には意外と難問なんですよね。
まずは、昼間地上の景色(近くから遠くまでいろいろ)をながめて、照準の合わせ方とかピント合わせとかを練習してください。(太陽は絶対見ないでね)夜、遠くの街灯なんかを見るのもいいですよ。
するとピントの原理が(遠いものは接眼部を繰入れ、近いものほど繰り出すということが)わかってきます。
その中で一番遠いもの(遠くの山とか)で合わせたピントの位置に印をつけておきます。そこが星を見たときのピントに位置に近くなっていますから、夜星を見ても、星が視野に入っていることはわかると思います。
(つづく)


やぬし
2008/12/27 12:43
次に見え方ですが、月や惑星以外の星座を構成している星(恒星)は無限遠にある光の点ですから、倍率を上げても大きく見えたりはしません。
どの倍率でもとにかく一番小さくなった時がジャストです。低倍率ならきりっとしてキラキラした感じ。高倍率だと線香花火の玉みたいにくりくりした感じに見えるかもしれません(それでも一番小さくなった時です)
次に、みんなでご覧になる時ですが、人によって近眼とか遠視とかがあるので、メガネをかけている人はメガネをはずさないでご覧になると裸眼の人との差が少なくなると思います。(少なくなるだけで、微妙なところは違いますので、やはり皆さんが自分でピントを合わせられるようになっておくことが大事です)

こんな感じで、ちょっと気長に取り組んでみてください。金星が見える環境なら、元旦過ぎから月が見やすくなってきますので、まずは月を見てお楽しみください。
そうそう、金星ですが、今は半月のように半分欠けたような形に見えるのですが、かなさんちの望遠鏡だともう少ししてから(2月〜3月)の方が形が分かりやすくて見ごたえがあるようになると思います。
やぬし(つづき)
2008/12/27 12:59
こんばんわ、ももで〜す。
>かなさん
こんばんわ。
良かったですね!!
これから楽しみですね〜
でも寒いので風邪を曳かないように気をつけてね!!
もも
2008/12/27 20:35
こんばんわ、ももで〜す
>やぬしさん
ワタシと同じくゴミやらザラザラやらで近親感を覚えます〜(笑)アンチテイルが見えてますね。
太陽の向こう側なので後ろに延びた尾が垣間見れているのかな?
もも
2008/12/27 20:52
ももさん、こんばんは
すごい冬型気圧配置でしたが、そちらの雪はいかがでしたか?ドームごとすっぽり埋まってたりして…なんてことはないですよね。
私もももさんの写真のごみを見つけてホッとしてました。でも、アンチテイルは予想外。結構報告はありますけどね。
やぬし
2008/12/27 21:11
皆様いつもどうもありがとうございますm(_ _ )m

まず星を望遠鏡の中の納めるのが大変でした。
倍率が高いレンズをいれるとすぐに見失うので慣れるまで低いのを使おうと思いました。
月が出るのが待ち遠しいです。

でもみなさん寒さに負けず天体観察されていて
すごいなと思いました。
風邪などひかれないように
良いお年をお迎えください(^^)
かな
2008/12/28 13:41
かなさん、こんにちは
そうですね、導入が慣れないうちは(特にファインダーがなく、また天頂プリズムを付けている時はなおさら)低倍率で導入してから順に高倍率にしていくのが、とりあえず常道ですね(ごめんなさい、言い忘れてました)。
月の位置は
明日(29日)木星のそばに兆細く見える(運が良ければ)
明後日(30日)木星と金星の中間(金星の右下)
大晦日(31日)金星の右下に並ぶ。(見もの!)
という具合ですから、夕焼けや金星と一緒に楽しんでください。
“寒さに負けず”は星屋のステイタスて言うか我慢大会みたいなもので、寒い時長い時間頑張ると自慢になるんですねー。
では、よいお年を!

ぁ、年賀状のデザインこれからだ…。

やぬし
2008/12/28 14:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿林彗星をやっとゲット 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる