星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS うす雲をついて

<<   作成日時 : 2008/11/07 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

M74系外銀河 昨夜はうす雲が広がっていましたが、何とか星見ができるレベル。
 こういう晩は、星を使った光軸のチェックや極軸のチェックをするのに最適です。じっくり時間を費やしてもあまり惜しくありませんからね。

 で、気合いを入れて物事に立ち向かうと、何とか道が開けてくるというのは、こんなお遊びでも一緒のようで、どちらもあっという間にウマいことできてしまいました。

 写真は気持ちの余裕ができたので撮影してみたM74系外銀河。牡羊座に近いうお座にあります。これをメシエさんが小さな望遠鏡で見つけたとは信じられないくらい暗くて淡い銀河です。写真に撮るとかろうじて腕のようなものが写りますが、これもきつい画像処理をしたからで、モニターではただの光のシミにしか見えません。

 このほか、牡羊座の10番星とか牡牛座の7番星といった、少し分解が難しい二重星を眺めて楽しみました。
 (でも、どうして牝山羊や牝牛はいなんでしょ?)

 うす雲は、撤収して風呂に入って寝ようとしたころスッキリと取れて素晴らしい星空。でも完璧あとの祭り!。
 ちなみに今夜は曇り。これからしばらく天候不順で、しかも寒い日が続くとか。昨夜徹夜しても見ておくべきだったかなぁ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、ももで〜す。
そういえば・・・
赤道疑設置してから極軸をまだ合わせていない〜
光軸も狂ってるし〜
ま、いいか〜
もも
2008/11/07 18:00
ももさん、こんばんは
我が家の赤道儀も、ここ10年以上「仮置き」のままです。したがって極軸もほどほど。光軸も、やっているうちにわけがわからなくなってしまうのでほどほどでやめることにしています。鏡面は素人作業ですから洗えば洗うほど傷が増えたりして劣化します。その上また光軸調整…と損することのほうが多そうなので、かなり汚れていますが極力見ないようにして我慢しています。
そうそう、オークションとかで中古を手に入れる時も、少々知識があっていじっていそうな器械は敬遠し、埃だらけでもな〜んにも手入れしていなそうなのを選びます。そんな器械のレンズは洗ってみるとまったくの無傷といったものに当たります。逆に“手入れの行き届いた“モノでは、鏡面はごしごしこすってあるわ、ねじは締めすぎてゆがみを発生させているわでろくなことがありません。
私に言わせれば「ま、いいか〜」は、かなり高いステージに到達した星屋さんの心境ではないかと…。
やぬし
2008/11/07 19:59
こんばんわ、ももで〜す。
それはないです(笑)
ワタシがズボラなだけ〜
何故なら、主鏡も2回ほど洗ったら見事なほどにキズだらけ〜!斜鏡も欠けを作ってしまう始末・・・
光軸も、見た目そこそこ合ってるならば星の見え方もそうは変わらないだろうという根拠のない確信。

知り合いの天体写真の名手は年に何回も鏡を洗うそうです。もちろんそのつど光軸も出して〜
赤道儀もちゃんとメーカーに出してオーバーホールするし・・・

ワタシの次元とは違いますよ!!
もも
2008/11/07 22:03
ももさん、こんばんは
なるほど!気合いが違うってわけですね?
確かに時々居りますよね、そういう方って。もう脱帽するしかないですね〜。
ご当人は、きっとそうやってモチベーションを高めているんでしょうね。効果があるとかないとかっていう「計算」とは別の次元だと思います。
でも、マネはしないなぁ。だって、やっぱ過剰メンテとしか思えないもの…。
やぬし
2008/11/07 23:25
こんばんわ、ももで〜す。
そうなのかどうかは知りえないレベルなんでしょうけれど。

たぶん、鏡の反射率とか星雲の写りのNSとか恒星像の小ささとかガイドミスとか・・・最終結果の作品の出来を少しでも下げる可能性のある要素を排している・・・のだと思います。
一つの天体を何日にも渡って、合計露出時間は数時間以上になり、それぞれにフィルタを変えての露出
それほどまでにしてやっと抽出できる淡い星雲。

その人の写真鏡(ε250)は、何時見てもピッカピッカの鏡と、木星を楽しめる精度の光学系。
全面9ミクロンの画素に収斂する結像。

要するにワタシのへたれ目やボケボケで満足しているのとは、最初からの道程が違うのだと思います。
ま〜惑星とか近接重星を狙う人などもそうなんでしょうね〜

そういうことなんだと思います。
もも
2008/11/07 23:52
私も、写真屋さんとか彗星屋さんとかで、そういった方と何人もお友達してもらっていますから、ゆめゆめ白い目で見たり変人扱いしたりとかはしません。やはり必要な努力とか厳しさとして理解できますからねー。
…でも、違う人もいっぱい…。(シー!)
やぬし
2008/11/08 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
うす雲をついて 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる