星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出のアケルナー

<<   作成日時 : 2008/11/25 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

アケルナー 連休明け。なんだか忙しくて天気を見ている余裕がありませんでした。なんだか寒かったような…。

 先週、エリダヌス座の32番星をアップしましたが、そういえばエリダヌス川の終点に輝く一等星アケルナーの写真があったのを思い出しました。
 もう5年も前になりますが、仕事で小笠原の父島に行ったとき撮った写真で、中央のいちばん地平に近い輝星がそれです。

 アケルナーは、日本本土から見られる限界で有名なカノープスよりほんの数度南中位置が南の星で、オリオン座より少し前に南中します。
 もちろん本土ではたぶん絶対に見えませんが、南の島父島ではアケルナーは簡単に見つけられます。もちろんカノープスは前の家の屋根の上に昇る普通の星でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まさしく所変われば星変わるですね。
カノープスすら見えない北海道で
アケルナーは遠い星です。死ぬまでに
見ることがあるや否や?
万年坊主@帯広
2008/11/25 23:58
万年さん、こんばんは
北の地では南の星が見れない代わりに、カペラの周極とかが(ひょっとしてベガも?)見れたりするのでは?
やぬし
2008/11/26 05:23
天文ソフトで見てみたら、カペラは
可能性があるみたいです。でも地平
ギリギリで、多和平や開陽台などの
開けた展望台でないとダメでしょうね〜。
万年坊主@帯広
2008/11/26 16:56
こんばんわ、ももで〜す。
当地からだとカノープスが北限です。
ま〜でも。
地平線付近で見えないかもの星が見えるのと、
見えている星が見えなくなるかもなのと。
ではやっぱり前者でしょうね〜。
土星の輪の消失現象もそうかも?
確かにいつも見えてる輪が見えなくなっても、
「あ〜なるほど見えてない」
だけだし・・・

もも
2008/11/26 19:37
万年さん、こんばんは
確かに北海道ではカペラとデネブの周極が可能みたいですね。大雪山は?
さすがにベガとなると樺太中部とか千島列島北端あたりに行かないと無理みたいです。北方領土なんてケチなこと言わないで、千島列島を返してがほしいなぁ…。
やぬし
2008/11/27 21:13
ももさん、こんばんは
“見えている星が見えなくなるかも”ってももさんお熱の掩蔽も同じじゃありませんかぁ、なんて茶々を入れたら怒られるかな。
小学校の観望会で、輪の消えた土星を見て「輪のない土星ってすっごく珍しいんですってよ〜感激ぃ」なんて目を潤ませる若いお母さんは、まずいないよね〜。
やぬし
2008/11/27 21:22
こんばんわ、ももで〜す。
あはは〜そりゃそうですね。
現象としては同じような感じかも〜

ま〜細かくいうと、
あるものの存在そのものが、消てしまったり確認出来なくなるような状況で見えなくなるのと〜
あるものが何らかの陰に隠されて見えなくなるのとでは違うような〜(笑)
見えているそのものの状態の変化ではなくて、それを見えなくさせるものの存在を意識するかどうか?
なのかな〜?
なんちゃって屁理屈言ってごめんなさ〜い(謝)
もも
2008/11/27 23:15
ももさん、もいっかいこんばんは
まー何を面白がるか、ってことなんでしょうねー。
大抵のことは「だから何?」って言われたら、あっという間にシラけてしまいますけどね。
でもね、私が初めて自分の望遠鏡で見た土星が輪のない土星だったり、ひどい熱でものすごい悪寒と声が出ない状態を押して参加した掩蔽で、人生最初で最後の4〜5回の見え隠れを見れたとかって、どれも忘れ難いものです。
やぬし
2008/11/28 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
思い出のアケルナー 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる