星空寄り道散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 石川町スターライト・フェスティバル

<<   作成日時 : 2008/10/13 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

初日会場 予定通り子の11日から今日まで福島県は石川町で開催された“石川町スターライト・フェスティバル”に参加してきました。
 今年は、月が明るく星見に適さないとの前評判が流れ、ファンの一人としてはちょっと心配でしたが、蓋を開けてみたら例年以上の大盛況。かく言う私も月齢の大きさなど全く眼中になくとにかく“行きたい”の一念での参加でした。
 ところで、どんな天気も“想定内”などと豪語していたのですが、初日夜会場について車を降りたらものすごい風!はられたテントが飛ばされそうで心配になるくらいでした。
 写真は12日早朝の会場。まだ隙間がありますが、これでも例年の同時期よりは多め。
25センチ屈折双眼
 翌12日、続々と参加者が到着。例年は空いていることが多い場所まで人やテントが並びました。

 そんな会場でいちばん人目を引いたのがこの望遠鏡。
 25センチのレンズを使った双眼鏡で、作ったのははるばる富山から駆けつけたOさん。
 こんな大きなレンズを使った双眼鏡は愛知のHさんに続いて2台目。過去には戦艦大和と武蔵に積まれていたのが知られているだけです。(ホント?)
 この双眼鏡、ありがちな大きさだけの見掛け倒しではなく、その見え味ときたらスッキリくっきりその上大迫力そのもの!素晴らしい造りにもう脱帽してしまいました。


マクカセ双眼 一方こちらはコンパクトな望遠鏡を組み合わせた双眼鏡。これで15センチもの口径があり、しかもよく見える!。
 作ったのは埼玉県の大久保さん
 埼玉のご自宅と仕事先の九州とを行き来するような激務をもう何年もこなしながら、こんなすごいものをササッと造ってしまうすごい人です。
 この大久保さんのリクエスト〈と言うか“対戦相手”)で、私も15センチ双眼望遠鏡を会場に持ち込みました。
 写真後ろはガレージ加藤さんの15センチ望遠鏡。赤い部分は特殊なジャッキを流用していています。高さが自由に変えられて低い空から天頂付近まで楽な姿勢で観望できるスグレモノ。

ツアイス 次は会場で見かけた、よだれが垂れて来そうな一台。なんとドイツのツアイス社製!
 でも、私が感心しているのはその妥協を許さない質の高さ。コンコン本体を叩いてもその震動はあっという間に収まってしまいますし、ピント合わせのとき視野が震えてしまうのが不可避と思う“常識”をあっさりと覆す無振動を実現しています。しかも、その設計は何十年も前のまんま!
 日本人は真似をするのが上手で、結果その国以上に優秀なものを作ってしまう、とよく言われますが、望遠鏡や双眼鏡の世界ではただの風評に過ぎません。〈キッパリ〉
 同じ真似をするのなら、何よりこういう物造りの精神こそ真似るべきなのに、まだ百年遅れているといっても過言ではなく、さらにアメリカより劣り、中国や台湾に追い抜かれている、というのは悲しいけれど現実でしょう。

アクアマリン あちこちの星まつりで引っ張りだこなのが、星をテーマにした曲作りと星空のような澄んだ声が素晴らしいこの“アクアマリン”というご夫婦のふたり。
 本当に駆け出しのころから星まつりで歌ってきましたが、最初は失礼ながら星好きからのウケ狙いで歌う素人さんなどと思っておりました。〈ごめんなさい〉
 でも、この数年来あらためて聴いてみると、詩の意味も深く、歌も聴くたびにうまくなってくる感じがします。
 実際、自殺さえ考えたとき、ふたりの歌で立ち直ったという人が仲間にいます。
 
 今回も素晴らしい歌声をたっぷり聞かせてもらい、これで参加費がタダというのは本当に申し訳ない気がしました。
 
秋刀魚焼き 例年“大焼肉パーティー”がウリのこの星まつりも、不景気にあえぐ町の財政難には勝てず援助もわずかになってしまったようです。
 おかげで参加者が楽しみにしていた、夜12時に始まるパーティーも今年はついに秋刀魚!、トン汁、焼きそばに変身。
 イエ、けして秋刀魚に不満があるわけではなく、とてもおいしくて2匹も平らげましたが、やはり魚より肉を高級とする貧乏な育ちをした者には、時勢の風の冷たさを感じる一幕ではありました。

 それにしても、うら若き女性に焼いてもらう秋刀魚。嗚呼、秋刀魚になりたい!〈エッ、なに?おまえは火葬場に行って焼いてもらえって・・・やだ!〉
 じゃなくてぇ。彼女を始め夜も寝ないでお祭り成功のため頑張ったスタッフの皆さんと、その先頭に立った青柳会長に心から感謝!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SLF2日目★ムーンライト
晴れの予報なのに薄曇でした。夜になってもスカッとは晴れませんでした。昨夜と違い名物の夜露も(^^; 星を見るのも晴れ間待ちで一苦労。まあ見えないよりはマシですが(爆) 3連休とあって、例年より人が多いんですが、会場内は静かと言うか盛り上がりに欠けるというか(爆) あっちこっちで、談笑やら望遠鏡をのぞかせてもらったりと、ほとんどたちっぱなしで翌々日にドッと疲れがでました。折りたたみイスかシートを持ってあるけばよかったかな(笑) 年だな〜{%がっかり(orZ)webry%} ...続きを見る
ぴんぼけ日記
2008/10/14 18:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お褒めいただき有難うございました。アクアマリン すっかりファンになってしまいました。数年来の旧友とあったりとても充実した催しを満喫
できました。帰りは100キロ以内で分割して半額
走法で帰りましたが 1枚買ったアクアマリンの歌に聞き入ってしまい。インターを通過してしまいました
富山の0
2008/10/13 20:19
富山の0さん、こんばんは
一番乗り、ありがとうございます。また、無事帰宅された様子、遠いところ本当にご苦労様でした。
星まつり、毎年必ずスターが登場するのも恒例ですが、今年は25センチ屈折双眼というスターもスター、大スターが現れてかなり会場の興奮が高まったのではないでしょうか。
わたしも、YAMAさんの30センチ反射双眼以来のゾクゾク感を覚えました!
アクアマリン、私も一枚買えばよかったとつくづく反省しています。両目で星を眺め両耳でアクアマリンの歌を聞いて“星漬け”になったら幸せでしょうね。
25センチ双眼、また魅せてください。

やぬし
2008/10/13 20:40
やぬしさま、お帰りなさいませ。
楽しんでこられたようですね。
僕はツアイスの望遠鏡の無振動を体験してみたいです。光学系もでしょうが、さぞや気持ちよいのでしょうね。

今夜は同じマンションの子達に望遠鏡で月でも見せてあげようと考えていたのですが、夜になり曇ってしまい中止に。う〜ん、残念・・・。
きむそん
2008/10/13 22:30
きむそんさん、こんばんは
ツアイスの望遠鏡の操作感、施設の据付望遠鏡ならいざ知らず、移動用小型望遠鏡でこれですから脱帽モノです。ぜひ体験してほしいです。
マンションで観望会ですか。人気者になるでしょうねー。
ところで、明け方の土星、串団子状態をご覧になってみてください。
やぬし
2008/10/13 22:43
土星は見える位置にいるんですか。
串団子状態・・・見てみたいです。来年は消失しちゃうんですよね。
明け方はなかなか厳しいのですが機会があれば頑張ってみます。
もしよかったら画像UPお願いいたします。
きむそん
2008/10/13 22:59
きむそんさん、おはようございます
土星は獅子の後ろ足の辺りにいますから、我が家からだと、夜に写真を撮れる位置に来るのはもう少し先ですね。
やぬし
2008/10/14 06:29
SLFお疲れ様。
今回はなんか疲れが抜けないです(笑)
私も25センチ双眼、また魅せてもらいたいです。


やまのん
2008/10/15 00:03
やまのんさん、こんばんは
疲れが取れないなんて、どうしたんですか?石川町で何かショックなことがあったとか?
25センチ双眼、同感!また観たいですよね〜!
でも、とにかく早く疲れを取って大事にしてくださいな。
やぬし
2008/10/15 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
石川町スターライト・フェスティバル 星空寄り道散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる